総合建設業 野口建設株式会社

合材工場・中間処理

野口建設株式会社トップページ>合材工場・中間処理工場

合材工場

みやぎ大崎アスコン

所在地:〒989-6228 宮城県大崎市古川清水字新今新田59-1
電話番号:0229-36-1531  FAX:0229-26-2215
営業品目:アスファルト合材・再生路盤材・乳剤・常温袋詰合材の販売、アスファルトガラ・コンクリートガラの受入れ

共同企業体みやぎ大崎アスコンは平成26年4月に前田道路(株)※と野口建設㈱との共同企業体経営として運営しております。
工場は宮城県北部大崎平野のほぼ中心にあり、立地的に非常に恵まれております。また東北自動車道古川インターに2.5Kmと高速道路への出荷において他工場より優位性がございます。
営業エリアにおいては、宮城県235万人に対し、大崎圏21万人(9%)(大崎13.5・加美郡3.3・遠田郡4.2)中心に東西南北1時間エリアには、栗原市・登米市地区などを有し、県北地区シェア100%を目指しております。
出荷シェアは宮城県北、石巻地区においてプラント数は7基ありますが、平成27年度出荷数量72万tに対し、当工場数量16万とシェア率22%です。
今後は小口を中心とした取組みで、宮城県北地域に密着し、良い品質、良い対応、良い態度、良い管理で事業計画の達成を図ってまいります。

※前田道路は昭和5年に創立して以来、日本の道路建設のリーダー的な役割を担ってきました。
そして今では、全国規模での道路建設をはじめ、アスファルト合材の製造販売や道路建設・整備に必要な機械の設計・製作、都市景観のデザインなど、その事業は生活空間のトータルプロデュース全般に渡る幅広い範囲に及んでいます。
詳細は前田道路HPhttp://www.maedaroad.co.jp/でご覧下さい。

中間処理工場

産業廃棄物処理

地球環境保全への関心が高まり、環境保全を考慮した産業廃棄物の適正処理への要求が日毎に厳しさを増し、排出事業者は廃棄物の適正な処分までの頁任を負うことになります。
当社では築館中間処理工場において、アスファルト塊やコンクリート塊の再資源処理加工を行い良質な再生砕石及び再建材として100%再利用しております。

築館産廃中間処理工場

再生砕石プラントフローシート

再生砕石プラントフローシート

pagetop